ニゾラールで水虫を撃退!

脂漏性皮膚炎の匂いとニゾラール治療の経過

脂漏性皮膚炎というのは、いわゆる湿疹のひとつではありますが、特に皮脂が多く分泌される部位である、頭皮や顔面に多くできやすく、そのほかにも脇の下、太ももの付け根なども注意が必要であるといえます。症状としては、はげしいかゆみをともなうほか、皮膚が赤くなったり、かさつきがでたり、あるいは皮膚がはがれてしまうといったことがあります。頭皮にできた場合には、フケのようなものが落ちてきたり、加齢臭のような、あまり好ましくない匂いがでたりすることが多く、放置すると抜け毛がひどくなるという経過をたどってしまうことさえあります。
こうした脂漏性皮膚炎の原因としては、カビの一種が皮脂を栄養源として猛烈に繁殖をはじめて、その代謝物が皮膚に対して悪影響を及ぼしているといったことが考えられます。そのため、脂漏性皮膚炎の症状である、かゆみ、赤み、匂いなどといったものを改善したいのであれば、まずはこのカビの一種を殺菌するということが重要になってくるわけです。
脂漏性皮膚炎の治療を目的とする医薬品はいくつかありますが、比較的よく使用されているのがニゾラールとよばれるものです。このニゾラールには、抗真菌薬としての成分が含まれていて、比較的刺激性も少ないといった特徴があります。通常、クリーム状になったニゾラールを患部に毎日塗布しつづけることで、1週間から2週間も経過すれば、症状が改善されてくることになります。
ニゾラールには、クリームタイプのほかにも、液体やスプレーなどのタイプがあり、これは患部の位置や症状にしたがって選ぶことになりますが、基本的に液体タイプなどは効き目が強すぎて、かえって肌のトラブルになることもあるため、角質化した部分などへの使用が中心となります。