ニゾラールで水虫を撃退!

ニゾラールとロート製薬と軽石について

日本では、水虫で悩んでいる人が多いです。
水虫は、高温多湿を好むので、靴の中は水虫にとって繁殖しやすい環境なのです。
そのため、長時間靴を履いて仕事をしている人は、水虫に感染しやすいです。
水虫を防ぐためには、汗をかいたら早めに洗い流し、皮膚を弱酸性に保つことが大事です。
家族のひとりが水虫を発症していると、バスマットなどから感染することがあるので注意が必要です。
また、かかとを軽石でこすると、水虫が広がることがあるので気をつけた方がいいです。
軽石を使うと、皮膚がきれいになったように感じますが、皮膚の表面は傷ついていることが多いのです。
この傷から菌が侵入して、水虫が広がってしまうのです。
水虫の治療薬は、様々なメーカーから販売されています。
ロート製薬から販売されている水虫の治療薬には、テルビナフィン塩酸塩が配合されています。
テルビナフィン塩酸塩は、真菌を殺菌する塗り薬で、水虫やカンジダ症の改善のために使われることが多いです。
足の裏など、角質層が厚い部位では、完治するまでに時間がかかることがあります。
水虫が発症している患部は、清潔にして乾燥することが大事です。
ニゾラールも、水虫の治療によく使われます。
ニゾラールの有効成分はケトコナゾールで、強い抗真菌活性が特徴となっています。
ニゾラールは、脂漏性皮膚炎にも効果を発揮します。
日本で使われているのは、主にクリームタイプですが、症状や部位によってはスプレータイプやローションタイプを使います。
スプレータイプやローションタイプは、よく浸透するので皮膚が厚い部位に適しています。
水虫が治ったと勝手に判断して治療を止めてしまう人がいますが、調べてみると白癬菌が残っているケースがあります。
水虫の治療薬は、医師が決めた期間を守って使用することが大事です。